司書教諭 仕事

MENU

司書教諭の仕事内容とは?

図書館司書とは異なる司書教諭ですが、一体どのような仕事を行う事になるのでしょうか。

 

ここでは、司書教諭の仕事内容についてご説明していこうと思います。

 

司書教諭ってどこで働く人のこと?

図書館司書は、公立の図書館などに勤務する司書を指します。

 

ですが、司書教諭というのは、公立の図書館などに勤務しているわけではありません。

 

司書教諭は、教員免許を所持し、小学校・中学校・高等学校などにおいて教師として勤務している方に対し、校長から司書教諭に任命された場合に行う役職のことです。

 

学校内での役割の事を指し、司書教諭として採用されるわけではありません。

 

学校内の図書館にて働きますので、図書館司書とは全く別の仕事となります。

 

司書教諭はどんな仕事をするの?

司書教諭とは、教員免許状を所持している状態で教師として学校に入職し、学校内で司書教諭として役割を与えられた人の事を指します。

 

この司書教諭は、以下のような仕事を担っていく事になります。

 

・学校図書館、図書室の運営
・生徒への読書指導
・図書の選定
・情報収集と提供
・生徒だけではなく先生への図書の提供
・学校図書館、図書室の雰囲気作り
・通常の教師の業務

 

など、司書教諭はこのような仕事を行っていきます。

 

先ほどもご説明しましたとおり、司書教諭は学校内の役割となりますので、司書教諭専門で働くわけではありません。

 

そのため、上記のような図書室の業務に加え、通常の教師としての業務も行う事になります。

 

こども達に図書を提供したり、選定したり、読書の指導を行うということは、とても重要なことです。

 

こども達が将来本とどのような付き合いをしていくのか、本から何を学んでいくのかという事を左右するとても重要な役割となります。

 

中には、教室内に居ることが嫌で、図書室に篭りっぱなしになってしまうこども達も居ます。

 

そのようなこども達に声かけを行ったりすることも、司書教諭としての大切な仕事です。