図書館司書 資格 期間

MENU

図書館司書|資格の取得期間はどれくらい?

需要が高い中でも、取得に結構な労力が掛かることで知られている図書館司書ですが、取得すればそれなりの恩恵を受けることができます。

 

何よりも、給与が良いことで知られていますし、落ち着いた空間で仕事ができる点についても評価が高いです。

 

また、いわゆる定時間で勤務できるので、プライベートの時間も十分に確保できる点も魅力的であります。

 

そんな図書館司書ですが、先に紹介しましたが取得までのプロセスはかなりの期間がかかるものです。

 

では、具体的にどの程度の期間がかかるものなのでしょうか?

 

今回は、図書館司書の取得期間について調べてみました。

 

取得方法にはどんなものがある?

まずは、図書館司書の資格取得方法について説明します。

 

メジャーな取得方法は、大学や短大で図書館司書の必須課程を終了することです。

 

単純に、学校で学んで卒業できれば資格ゲットできる方法です。

 

次に、大学や短大を卒業した後に司書講習を受験する方法です。

 

最後に、司書補講習を受講して図書館司書補となり、その後3年間の実務訓練を受けて司書講習を受講して取得するケースです。

 

以上、3つの方法で図書館司書になることができるんですよ。

 

司書になるまでの期間は?

では、各々で図書館司書になるまでの期間について紹介します。

 

まずは、大学や短大で司書課程を終了する場合ですが、単純に大学であれば4年間かかる計算になります。

 

ただ、この方法が最もすっきり取得できる方法として知られています。

 

次に、卒業後に司書講習をうける場合ですが、ただ受けるだけならすぐにでも受験できますが、課題をクリアできるまでの知識を得るまでには、少なくとも半年以上の学習が必要とされています。

 

最後に、司書補の場合ですが、司書講習を受けるようになるまで、3年間の経験が必要ですし、その前に司書補となるまでにもそれなりの期間がかかってしまいます。

 

どの方法においても、どうしても取得までの期間が長いのが特長ですね。