図書館司書 一日

MENU

図書館司書の一日の流れ

図書館司書として働くようになれば、どのような一日を過ごす事になるのでしょうか。図書館司書の資格を取得する前に、憧れの図書館で働いている自分をイメージしておくと、勉強がはかどったりすることもあります。

 

ここでは、図書館司書の一日の流れについて、ご紹介していこうと思います。

 

とある図書館司書の一日

とある図書館司書の方の一日の流れをご紹介します。あくまでも一例ですので、参考程度にご覧ください。

 

8時〜

朝礼を行います。業務連絡から開館の準備までを行っていきます。

 

8時半〜

新聞の差し替えや古くなった新聞のファイリングなどを行います。夜間の返却ポストがある図書館であれば、返却された本を回収し、手続きを行って配架します。

 

9時〜

開館し、利用者の方の貸し出しや返却対応を行っていきます。本の破損などがある場合には修繕し、本の配置を直したり、利用者の方の探し物に対応していきます。

 

11時半〜

昼食・昼休みです。

 

12時半〜

午前中と同じように、本の貸し出しや返却といった対応を行っていきます。新しく本を購入するとなれば、代表者が集まり会議などを行うこともあります。

 

15時〜

読み聞かせなどのイベントなどが行われる場合には、それに参加することがあります。こども達の様子を観察し、次回のイベントの企画などに役立てられるよう、こども達から意見を聞くこともあります。

 

17時〜

閉館となります。本の配置などを整え、掃除を行い、翌日の開館に向けてあらかじめある程度の準備を行っておきます。一日を終えて、図書館内には本が出しっぱなしになっていることもありますので、そのような本もきれいに片付けます。

 

 

図書館によって開館時間や閉館時間は異なり、長いところであれば夜9時頃まで開けているような図書館もあります。

 

それぞれの図書館で行っていく業務に特徴がある場合もありますが、おおまかな流れとしては以上のようになっています。