帝京平成大学 通信 図書館司書

MENU

帝京平成大学 通信教育過程|図書館司書コースの特徴&評判

全国にその名をつけた学校が存在している名門があります。それは、帝京です。

 

そのトップに君臨するのが帝京大学で、多くの有名人も排出している大学になります。

 

また、グループ学校として、例えば高校だけでも10校全国で存在しています。

 

私の住む新潟県にも、サッカーが強い帝京長岡高校がありますし、なんとロンドンも高校を開校しているんですよ!

 

これは知りませんでした。

 

そんな帝京の中でも、比較的最近誕生したのが帝京平成大学です。

 

その名に平成が入っていることで分かる通り、平成に入っていから誕生した大学です。

 

メインは情報学科となっていて、デジタル時代に対応できる人間を育てるのが上手い印象です。

 

その帝京平成大学の通信教育課程で、なんとアナログな図書館司書の資格も取得できるコースが存在しています。

 

そこで今回は、帝京平成大学の通信教育課程の特徴や評判について説明していきます。

 

通信教育課程の特徴は?

帝京平成大学 通信教育課程では、現代ライフ学部 経営マネージメント学科で図書館司書の資格を取得できます。

 

まずは、入学に関しての選考を受ける必要があります。

 

これは、書類の提出のみで受けることができ、試験や面接は一切ありません。

 

無事、入学が決定したらテキストを基に学習をしていくことになります。

 

基本は在宅学習となりますが、ある区切りでレポートの提出が必要となります。

 

もちろん、このレポートをクリアしないと、単位の取得ができません。

 

晴れて単位を取得し修了すれば、図書館司書の資格を獲得することができます。

 

通信教育課程の評判は?

帝京平成大学 通信教育課程は、とにかくホームページが充実していて、多くの情報が掲載されています。

 

入学前に、一通りの情報が得ることができるのは、とても良いことですしこの点についての評判はとてもよいです。

 

また、何と言っても帝京ブランドである点も好評を得ています。

 

どこで学んだの?と聞かれても、帝京と名が付けばそれだけですごく見るものです。

 

単なる見栄えだけの問題かもしれませんが、結構こういうことって重要なんですよ。