玉川大学 通信 図書館司書

MENU

玉川大学 通信教育部|図書館司書コースの特徴&評判

全人教育というコンセプトのもと、人間形成や教育に力を入れている大学が、玉川大学です。

 

東京都町田にキャンパスを構えていて、農学部なども存在している珍しさもあって、多くの学生に注目されている学校になります。

 

そんな玉川大学では、ロボット研究が発展していてロボットの祭典であるロボカップで世界一に輝くなど、その技術力には脱帽するばかりです。

 

そんな玉川大学ですが、通信教育も存在していて、自宅でも玉川大学の教育を受けることができるのをご存知でしょうか?

 

教育系のコースも多くあり、なんと図書館司書のコースもあります。

 

このコースを修了すれば、そのまま図書館司書としてスタートを切ることもできます!

 

では、玉川大学 通信教育部の図書館司書コースとはどのようなものなのでしょうか?

 

図書館司書コースの特徴は?

玉川大学通信教育部の図書館司書コースを受講するためには、まずは当然の事ながら入学しなければなりません。

 

晴れて入学することが出来れば、指定された学科を受講することになります。

 

受講者数は全国で10000人を超えている、モンスター学校でありますが、きめの細かいサービスを受けることができます。

 

高校卒業の場合は正科生1年次に入学し4年間在学する必要がありますが、短大や大学卒業者であれば、3年次からスタートして、最短1年間で図書館司書の資格を獲得することができます。

 

図書館司書コースの評判は?

玉川大学通信教育部の図書館司書コースは、初年度納入金がとてもリーズナブルであり、評判が高いです。

 

スクーリング授業料の費用を除き、約10万円の納入金で受講できるのは魅力的ですね。

 

また、メディア授業と呼ばれる、講義映像を視聴しながら受講するタイプも選択でき、更にWebで単位修了試験を受けることも可能です。

 

なかなか外出できない社会人の方にとっては、この制度は非常に便利であり好評を博しています。

 

費用面でも、メリットがありますね。