図書館司書 資格 最短

MENU

図書館司書資格を最短で取得するには?

「図書館司書の資格を早く取得したい」という方や、「最短で取得する方法が知りたい!」という方もおられるでしょう。

 

ここでは、図書館司書資格を最短で取得する方法について、ご紹介していきます。

 

最短ルートはどれ?!

図書館司書の資格を取得するには、3つのルートが存在しています。

 

1.司書養成課程のある大学・短大にて指定科目を履修、単位を修得して資格を取得するルート
2.大学や短大を卒業後、司書講習を受講して資格を取得するルート
3.司書補として3年以上の実務経験を積み、司書講習を受講して資格を取得するルート

 

これらのルートのうち、最短で司書資格が取得できるのは、現在の自信の状態により異なってきます。

 

もし今から大学進学などを考えている場合であれば、短大にて指定科目を履修し、単位を修得するという方法にて、最短2年で取得するという方法だと言えます。

 

今現在社会人となっている場合であれば、2ヶ月程度の司書講習を受講し、資格を取得するという方法が最短だと言えます。

 

このように、自分の今現在の状態によって、最短となるルートが異なってきますので注意が必要です。

 

通信講座もあります

いくつかの大学には、司書養成課程の通信講座があります。社会人となってから学習したいという場合には、これら通信講座を受講するという方法もあります。

 

先ほどご紹介した司書講習を2ヶ月程度受講するという方法は、確かに資格取得までが早いのですが、その期間中に集中して学習することになるため、仕事をしている状態では難しいということもあります。

 

ですので、仕事をしながら司書資格を取得したいということであれば、大学の通信教育を利用するのも一つの方法です。大体1年から2年程度の受講となりますが、通信ということもあり自宅で自分のペースで学習することが出来ますのでお勧めです。

 

とはいえ、自分が学びたい方法・学びやすい方法にて学習を進めていくほうが、効率よく、モチベーションを維持したまま続ける事が出来ます。

 

そのため、あまり最短という事ばかりに捉われる事なく、そのような点も意識しながらルートを選ぶことが大切になります。