図書館司書 やりがい

MENU

図書館司書|仕事のやりがいとは?

突然ですが、皆さんは今の仕事にやりがいをもって働いていますでしょうか?

 

学生の皆さんですと、これから就職しようと思っている会社は、自分が望む会社を選んでいるでしょうか?

 

私がこう聞かれたら、間違いなくやりがいを持っているとは答えません。

 

と言うのも、本当にやりたい仕事に付けているわけではないからです。

 

自分の能力に対して高いスキルを必要とされる職業の場合は、どうしても諦めないといけない事になりますが、努力次第ではその可能性がずっと低くなります。

 

ただ、難関の職業と言うものはどうしても存在しているんですよね。

 

有名なところでは、図書館の職員が挙げられます。

 

採用数に比べてなり手が多いため、多くの方が挫折している職業なんです。

 

そんな図書館の職員が持つ資格として、図書館司書というものがあるのですが、では図書館司書の仕事のやりがいとはどのようなものがあるのでしょうか?

 

今回は、図書館司書のやりがいについて調査してみました。

 

自分の趣味を活かせる!

図書館司書の職業の最大の魅力は、自分の趣味を最大限活かすことができる点です。

 

例えば、自分の持っている本に関する知識を、利用者の方にポスターなどで伝えたり、本に関する質問を受けた場合に、持てる知識を存分に披露する事ができます。

 

こんな職業って、実はありそうでないんですよね。

 

人間形成に役立てることができる!

図書館司書のメインユーザーは、働く場所にもよりますが子供と言うケースがあります。

 

子供って、実は図書館で色々なことを学ぶケースがあります。

 

また、図書館では静かに!というのは当たり前な事なのですが、それを学ぶのも図書館と言うスペースなのです。

 

よって、ひとりの子供の人間形成に大きく寄与するのが、図書館と言う場所なのです。

 

また、自分自身においても、子供を一人前にするという重要なミッションが課されているのです。

 

その点に、やりがいを感じている方が多いのです。