図書館司書 給料

MENU

図書館司書の給料はどれくらい?

図書館司書の資格を取得し、実際に司書として働くようになった場合には、給料はどの程度もらえることになるのでしょうか。生活していくうえでやはり給料は確認しておきたいところだと思います。

 

ここでは、図書館司書の給料について、ご紹介していこうと思います。

 

給料は雇用形態によって異なります

図書館司書の給料は、雇用形態によって大きく異なってきます。その雇用形態とは、派遣や契約、正社員といったようなものです。

 

図書館司書の求人を探してみると、ネット上の求人サイトだけでは正社員がほとんどありませんでした。ということは、ほとんどが契約社員や派遣社員ということになります。

 

このような場合には、給料は大体15万円程度が相場となっています。また、勤務する地域などによっても給料には差が出てきます。時給で換算してみると、1,300円程度というのが相場となっています。

 

正社員としての勤務を希望する場合には、転職支援サイトなどを利用してみると、そのような求人が多く見つかる可能性が高くなります。

 

正社員としての給料は、大体20万円程度が相場となっており、やはりあまり給料が高いとは言いがたいのが現状です。

 

資格やスキルなどで昇給はある?

図書館司書として働く事になれば、パソコンを使用する機会がとても多くなります。というのも、書籍の予約・管理などは、全てパソコンを通して行っていくからなのです。そのような場合には、パソコンのスキルがあることによって、給料アップに繋がる可能性があります。

 

また、自分に与えられた仕事に対してどの程度の働きが出来るのかという点でも、給料に差が生じる場合があります。

 

つまり、司書資格を所持し、ただ働けばいいというものではなく、それなりの給料を手にするためには様々なスキルを身につけることが大切ということです。

 

仕事に対して常に新しいことを求めていくような姿勢、積極的な姿勢、そのようなものが、給料をアップさせるようなことに繋がっていくのです。