図書館司書 志望動機

MENU

図書館司書の志望動機にはどんなものがある?

“本が好き”・・・

「本が好き、読書が好き」。

 

これは、図書館司書を志望する人に共通する、最も大きな動機ではないでしょうか。

 

でも、それだけでは、図書館司書は務まらないのはご承知の通りです。

 

図書館法第三条でも示されている通り、図書館には「図書館奉仕」という言葉があります。

 

館内に収蔵されている、図書や記録をはじめとして、郷土資料・地方行政資料・レコード・フイルム・CDを分類・整理し、これらを新しく収集する業務があります。

 

来館者への貸し出しや返却に伴う多種多様な業務と並んで、情報検索を手助けするリファレンスサービスもあります。

 

また、図書館協力によって、利用者の希望に応え、他の施設に所蔵されている本をやりとりする作業もあります。

 

来館者に広く「図書館を利用してよかった」と思ってもらう、住民サービスの面が大きい仕事なのです。

 

具体的な動機

実際に、図書館司書を志望する人々の動機には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

多く見られる例を、箇条書きにしてみました。

 

ケース1

.小さい頃から読書が大好きで、乱読といわれるほどいろいろな本を読んでいる。

 

読書人口が減少していると言われる今、読書から見聞が広がり、世界が広がる楽しさを、多くのひとに教えてあげ、分かち合いたくて、志望した。

 

ケース2
.

幼稚園時代に母に連れてこられて以来、住んでいる地域の公共図書館に、ずっと通っている。

 

小学校の低学年では、ブックトークを通して読書の楽しさを知り、中学・高校時代は夏休みの宿題などでレファレンスサービスを利用してきた。

 

大学では学内図書館のお世話になることが増えたが、卒業後は自分も公共図書館の司書になって、地域住民と文化のために力を尽くしたい。

 

ケース3

知的好奇心は強い方だ。さまざまなテーマについて、突き詰めて情報を探していくことも大好き。

 

図書館に関する専門知識を学び、資格を取得したら、レファレンスサービスを担当し、来館者の知的欲求に応え、学びの役に立ちたい。