資格試験 合格

MENU

図書館司書の資格試験に合格する秘訣とは?

図書館司書になるためには、指定の大学に通い(通学、通信)単位を取り、資格を取得。その後、採用試験に合格して、晴れて図書館司書になることができます。

 

図書館司書の資格試験の勉強で結果を出すためには、特に「自分を正しい方向に持っていく技術」が必要だと感じます。優秀な人達が、それを生かし切れずに終わってしまい、「もったいなあ」と残念な気持ちになることもあります。

 

自分を活かす工夫さえてしていれば、良い結果を出すこともできたと思うのです。資格を取得するには、一定の時間がかかります。単なる一時的な気合いだけで乗り切れるものでもありません。

 

昼間は働きながら、通信教育などで出来るだけ早く結果を出そうとする場合には、効率を意識した対策も必要になってきます。

 

そのために欠かせないものは、最終合格までの道のりの具体的なプランです。現在の自分と最終合格ラインの距離を測り、それを埋めるステップをイメージし、それに従い毎日の「やることリスト」落としこんでいく計画力が欠かせません。

 

図書館司書になりたいけれど、何から始めていいか分からないという人は、まずは計画力を高めることからはじめることをおすすめします。

 

では、計画力を高めればそれだけで充分なのでしょうか。そうではありません。

 

次に待ち受けているのが怠け心などのメンタル面です。最初は意気揚々と実行していたにも関わらず、しばらくすると怠け心からやらなくなってしまった経験はみなさんにもあるのではないでしょうか。

 

誰しも、勉強をしようという気持ちには駆られても、それを持続させることは難しいものです。「今日は休んで、明日から頑張ろう」「明日にしよう」という気持ちを解消しなければなりません。

 

計画力がつき、メンタル面の強さを身に付けるためには、自分の弱さに打ち勝つ必要があるといえるでしょう。