図書館司書資格とは

MENU

図書館司書資格とは?

図書館司書として働くために、取得しておいたほうがいいという「図書館司書資格」は、どのようなものなのでしょうか。

 

ここでは、図書館司書資格について、ご説明していこうと思います。

 

図書館司書資格って何?

図書館司書資格とは、図書館にて司書として働くために、持っておいたほうが良い資格です。

 

図書館司書として働く上で、この司書資格が必須となるわけではありませんが、多くの求人では司書資格が必要という条件が設けられていることが多くなっています。

 

資格が無くても働けるということで、実際に図書館で勤務する方の中には、無資格で働いている方も多くおられます。

 

とはいえ、司書資格を所持していることにより就職に有利となることの他、図書館で勤務する上での様々な専門知識を身につけることが出来ますので、よほどの理由が無い限り、取得しておくことをお勧めします。

 

資格を取得するとなると、それなりの時間や費用などが必要となってきます。その辺りもしっかりと確認し、自分に合った方法で資格を取得するようにしてくださいね。

 

資格を活かしたいけれど・・・

図書館司書の資格を取得した際には、この図書館司書の資格を活かして働きたいと考えるのが当然だと思うのですが、図書館司書資格があるという事で、様々な業務を任せられる可能性があります。

 

無資格の方が残した仕事を任せられ、司書資格があるからという理由で残業させられてしまうということもあるのです。

 

もちろんこのような事は、それぞれの図書館によって異なりますので、一概に決め付ける事は出来ません。ですが、このような可能性もあるという事を知っておいて頂けたらと思います。

 

また、図書館司書は給料も高くなく、資格があっても経験を重視されるような場合もあります。

 

ですので、アルバイト等で図書館に勤務してみたり、ある程度現場を知っておくほうが、イメージと相違なく仕事を行っていく事が出来るかと思います。

 

正職員としての募集も少ないということから、資格を活かしたい場合には契約社員・派遣社員といったような雇用形態での入職の可能性を理解しておくことも大切になります。