図書館司書 資格 勉強方法

MENU

図書館司書の資格|効率の良い勉強方法とは?

意外と高収入で知られている職業に、図書館の職員さんが挙げられます。

 

職員さんは文部科学省の所管となるため、それだけ収入も高く設定されているんです。

 

趣味を存分に活かす職業となりますので、実は私もなりたいと思っていた時期がありました。

 

残念ながら、それは叶わなかったものの、それでも多くの方が憧れる職業であるのには間違いありません。

 

そんな図書館の職員さんは、全ての職員さんが図書館で働く上で必要な資格を取得しているんです。

 

その資格とは、図書館司書と司書補という資格になります。

 

司書補とは、簡単に言えば図書館司書の候補生的な位置づけの資格となりますので、実質的には図書館司書の資格を有していないと働くことができないわけです。

 

その図書館司書とは、大学や短大を卒業していれば実は社会人でも取得できる資格になるのですが、どのように勉強すれば効率よく資格を取得できるのでしょうか?

 

今回は、図書館司書の資格を取得する上での効率の良い勉強方法を紹介します。

 

どのような取得方法があるのか?

まずはじめに、図書館司書の資格をどのように取得できるのかについて紹介します。

 

社会人の場合ですと、司書講習というものを受講して、一定の時間をかけて勉強して、その中で行われる課題をクリアすることで図書館司書の資格を取得できます。

 

司書講習については、近くの大学などで開催されている通学講座か、自宅で学習できる通信講座の2種類が存在しています。

 

どの方法が効率の良い勉強方法と言えるのか?

通学講座と通信講座の場合、どちらが効率の良い勉強方法であるかと言われれば、期間と言う面では通学講座の方が有利です。

 

コースにもよりますが、短期集中型のコースであれば2ヶ月程度で全科目をクリアできます。

 

但し、受講に関しては毎日のように通う必要があるので、社会人ではなかなか厳しいのが実情です。

 

その点では、通信講座の方が実用的な学習方法であると言えますね。