図書館司書 資格 高卒

MENU

高卒でも図書館司書資格は取得できる?

最終学歴が高校卒業という方の中で、図書館司書の資格を取得したいという方もおられると思います。

 

高卒の場合でも図書館司書の資格は取得できるのでしょうか。様々な不安があると思いますので、ご説明していこうと思います。

 

唯一可能なルートがあります

図書館司書の資格を取得するルートとして、3つのルートがあります。

 

1.司書養成課程のある大学にて指定の単位を修得し、資格を取得するルート
2.大学・短大を卒業後に司書講習を受講し、資格を取得するルート
3.司書補として3年以上の実務経験を積み、司書講習を受講し資格を取得するルート

 

このように3つのルートが存在しているのですが、1と2のルートでは、学歴が大学や短大といったものが求められる事になります。

 

ですが、3のルートであれば、中卒でも高卒でも関係なく、司書資格を目指すことが可能なのです。

 

どうすれば司書補になれるの?

高校もしくは中学を卒業したという学歴ある方であれば、司書補講習を受講することが出来ます。

 

この司書補講習とは、毎年夏頃に全国の決められた大学にて実施される講習となっており、それぞれの大学から募集要項を取り寄せた上で書類を準備し、申し込みを行うことによって受講することが可能となります。

 

この講座を受講し司書補の資格を得た後で、図書館にて司書補として3年以上の実務経験を積んでいきます。その後、司書講習を受講することで、司書資格を取得することが出来ます。

 

司書補の業務内容は、司書の専門的な仕事を手伝うということや、司書になるための経験を積んでいくというものになります。

 

業務内容に大きな違いがあるというわけではありませんが、専門職に就くために、3年の間に司書の仕事についてしっかりと理解を深める事が大切となります。

 

司書講習って?

司書講習についても、司書補講習と同じく、毎年夏頃に全国の決められた大学にて実施される講習となっています。こちらの講習では、図書館に関する専門的な科目について勉強していくことになります。

 

実施大学や問い合わせ先といったものは、毎年春頃に公開されることになっています。学から資料などを取り寄せ、書類の準備を行い、申し込みをすることによって受講が可能となります。

 

司書補からのルートにて司書講習を受講する場合には、もちろん司書補として3年以上の実務経験が必要となりますので注意してください。