図書館司書 就職

MENU

図書館司書の就職事情

どんな職業でも、なりたいと思っても中々なれないということがありますが、それぞれの職業によってその事情は異なります。では、図書館司書の場合はどうでしょうか。めでたく図書館司書司書の資格を取得したとしても、実際に職に就くのは簡単ではないでしょう。

 

近年、図書館施設の数は増えてはいるものの、図書館司書の枠そのものはそんなに多くはありません。また、図書館司書という仕事は、専門職に準じる業務であり、いったん職に就くと、定年まで離職しないことがほとんどです。

 

定員も限られており、人の動きも頻繁ではないため、新しい就職のチャンスも限られてきます。一般企業や官公庁の一般職のように、毎年、相当数の募集があるわけではないのも特徴です。

 

とは言っても、図書館司書の募集が全く無い訳ではありません。募集のケースとしては、次のような場合が考えられます。まず、勤務していた図書館司書が定年など、なんらかの理由で退職したり他の施設に職場を変えたりして、図書館司書の定員の空きが出る場合です。

 

また、あまり頻繁に起こることではありませんが、施設の組織上の変更があり、新たな部門や課を設ける場合に定員枠を増員して募集するケースです。大規模な募集が行われるのは、新しい図書館ができる場合になります。

 

図書館司書の仕事探しのポイントは、様々なケースの募集情報を集めることです。募集要綱は、各大学の学生課の掲示板などに張られています。定期的な募集はほとんどない業界ですが、学生にとっては突然のように募集の告知を見つけるケースも少なくありません。

 

募集期間も限られていますから、見逃したりしないように、マメに掲示板をチェックすることをおすすめします。また、施設の事業に関係する專門分野を研究している教授などに募集の告知が個別に送られてくることもありますから、そうした教授からの情報にも耳を傾けておくとよいでしょう。

 

さらには、施設によっては、募集範囲の告知もそれぞれですから、例え実際に募集があったとしても、掲示板には貼っておらず、知らずに見逃してしまうケースも少なくありません。自分が気になる図書館があれば、念のため近々募集の可能性があるかどうかを聞いてみるのも1つになります。