図書館司書 資格 通信制大学

MENU

図書館司書|資格取得が出来る通信制大学について

図書館司書の資格取得を目指して、大学の通信課程に在籍して学ぶ方法もあります。通信課程とは、在宅で図書館司書の資格取得のための学習をすることです。

 

年に数回、大学に足を運んで受講するスクーリングもありますが、大学のない地域に暮らしていても、正規の講義を受けることができます。

 

また、大学に図書館司書の資格取得のための履修科目がないまま卒業したひとや、働きながら学びたい人にも利用できます。通信課程のある大学は、全国に点在しており、首都圏の主な大学は次のとおりです。

 

東洋大学通信教育部

最短1年間で資格取得可能。図書館司書・学校図書館司書教諭の資格取得が可能です。大学卒業者は、指定科目(26単位)を取得します。司書教諭については、同大学開の講科目のすべてを履修して単位を修得し、教員免許状を取得する必要があります。

 

 

聖徳大学通信教育部

大学と短期大学があります。高校卒業者のために、短期大学部保育科と文学科図書館情報コースがあり、前者は73単位、後者では124単位の取得が必要です。専門学校卒業者には、短期大学保育科と文学科図書館情報コースがあり、前者は73単位、後者では62単位の取得が必要になります。

 

短大・大学卒業者は、短期大学部図書館司書課程に属し、26単位を取得します。司書教諭の過程はありませんので、注意が必要です。

 

玉川大学通信教育部

64年の歴史がある通信教育部。司書資格の取得を目指すのはもちろん、図書館司書の資格をもちながら、教員免許の取得単位が不足している学校図書館司書教諭希望者に対して、教員免許の単位修得を可能とするコースがあります。

 

その他

また、関西圏では、近畿大学通信教育部があります。学費は、どの大学も年間で10万円前後となっています。興味がある方は、実際に資料を請求して詳細を確認してみることをおすすめします。