図書館司書 資格 難易度

MENU

図書館司書|資格の難易度はどれくらい?

誰もが小さな頃に利用した経験があるものとして、図書館で本を借りるという行動です。

 

図書館は、何かと堅苦しいイメージがあるのですが、実はそんなことはなく色々な本があってそれを思う存分楽しめる空間ですので、特に静かな空間で落ち着きたい方に持って来いの場所と言えます。

 

私も、図書館という空間で本を読む楽しさを学んでいて、今でもいい思い出になっています。

 

また、その図書館で出会う職員さんとのふれあいもいい思い出になっています。

 

たまには、大騒ぎしすぎて怒られたりもしますが、優しい方というイメージしか残っていません。

 

そんな、図書館の職員さんは実は図書館司書という資格を所有している方のみがなることができる職業なのです。

 

実は、非常に難易度の高い資格であることが知られているのですが、ではどの程度の難易度なのでしょうか?

 

図書館司書の取得方法は何種類か存在していますが、今回は最も難しい方法と最も易しい方法を紹介します。

 

最も難易度の高い取得方法は?

図書館司書を取得する上で、最も難易度が高いのは司書講習を受験して取得する方法です。

 

この司書講習は、大学や短大を卒表していれば受講できるものなのですが、相当な難易度として知られています。

 

各ステップで、何度かレポートの提出を求められるので、ただテキストを読んで知識を獲ればOKというシロモノではありません。

 

なお、司書補が3年間の経験後に司書講習を受講できますが、この場合は経験値がものを言うので、難易度としてはあまり高くないと感じるようです。

 

最も難易度の低い取得方法は?

図書館司書の取得方法として、難易度が低いのは大学や短大で必須課程をクリアする場合です。

 

時間は掛かるのですが、その分だけ授業を聞いて卒業できればその場で資格を取得できるので、非常に手軽ですよね。

 

また、学校生活をエンジョイしながら取得できるとあって、色々な経験ができるのも魅力ですね。

 

個人的には、最もおすすめできる方法として紹介したいと思います。