図書館司書 向いている

MENU

図書館司書に向いている人の特徴

図書館司書に向いている人の特徴とは、どのようなものなのでしょうか。入職してから「向いていないかもしれない」と後悔することが無いように、どのような人が向いているのかを知っておく事は大切です。

 

ここでは、図書館司書に向いている人の特徴について、ご説明していこうと思います。

 

図書館司書に向いている人とは

図書館司書の仕事は、事務作業のようなことから、人と関わっていく仕事まで様々な内容のものがあります。

 

多くの人と関わりを持ち、対話と情報提供によって図書館を利用しやすくしていきます。そのため、人と話すのが好きだという方は、図書館司書に向いていると言えます。

 

また、本の傷などもチェックし修繕していくことになりますので、細かい作業や地道な仕事が得意という方も向いています。まれに外国の方が図書館を利用される場合もありますので、英会話が得意という方もその語学力を活かして働く事が出来ます。

 

そして、大前提として、やはり本が好きだという人が向いていると言えます。図書館には様々な種類・ジャンルの本や雑誌が置かれています。それら全てに偏りなく、大切に扱えるかどうかという点はとても重要です。

 

これから必要とされる人材

今や、調べごとと言えば、全てインターネットで済んでしまうような時代となり、電子書籍なども出てきたために、図書館を利用して調べごとをしたり本を読むという事が少なくなりつつあります。

 

いわば、図書館離れとも言えるような社会となってきています。

 

そのような中で、図書館の素晴らしさ、本の香り、本を読む楽しさというものを伝えていくためには、図書館自体に工夫が求められているとも言えます。ですので、イベントを企画したり、本の楽しさというものを出来るだけ多くの人に伝えていけるような、そんな人材が求められているのです。

 

企画や考案などが得意という人であれば、これからの図書館に向いていると言えるのではないでしょうか。多くの方に本の魅力を伝え、図書館自体を盛り上げていけるような、そんな人が向いています。