図書館司書 資格 費用

MENU

図書館司書|資格の取得費用はどれくらい?

図書館司書の最大の魅力は、なんといっても本に囲まれた仕事をできる点にあります。

 

本好きであれば、誰もが憧れる職業であり、また自分の知識を存分に生かすことができるとあって、かなりの人気職となっているんですよ。

 

そんな図書館司書ですが、実は資格を取得していないとその職務に就くことができないんです。

 

これが結構高いハードルとなっていて、誰でも図書館司書の資格を取得することはできません。

 

図書館司書の取得に関しては、大学や短大に通って、そこで単位を取得するか、司書補となって実務経験を積みながら取得するか、通信講座を受講して取得するかのいずれかで取得を目指します。

 

では、それぞれの取得方法で、費用はどの程度発生するものなのでしょうか?

 

今回は、費用と言う観点で図書館司書の資格について解説していきます。

 

大学や短大に通って取得する場合の費用

大学や短大では、図書館司書に関しての指定科目が存在していて、単位を取得できればそれで図書館司書として認められます。

 

単純に、大学の場合ですと学費だけでも400万円程度、短大の場合でも200万程度がかかりますので、経済的な負担が大きいのは否めませんね。

 

もちろん、図書館司書の資格を取得するだけに通う訳ではないので、一概には言えませんが。

 

司書補講として働きながら取得する場合の費用

司書補として、実際の図書館司書のサポートして働きながら、司書補講習と司書講習を受けることで図書館司書の資格を取得する手立てとなります。

 

その場合では、司書補講習と司書講習を合わせて、20万円程度の費用が発生します。

 

もちろん、働きながらですので報酬が発生する訳ですが、それでも少し負担が大きいイメージがありますね。

 

通信講座を受講して取得する場合の費用

図書館司書の通信講座も用意されているので、自宅で好きな時間に学習して図書館司書の資格を取得できます。

 

その場合でも、通信講座代として15万円程度の費用が発生することになりますし、自分で学習するという気にならないとなかなか厳しいかもしれませんね。