図書館司書 資格 取得

MENU

図書館司書の資格を取得するきっかけ

図書館司書の資格を取得するための勉強を開始する際に、ためらう人がいます。

 

「今の仕事を続けながら、大学に通うことはできるだろうか。」

 

「もっと時間を確保して始める必要があるのではないか。」
「中途半端で終わってしまったらどうしよう。」

 

 

しかし、見方を変えれば、最初から自分には出来ない理由を見つけているだけに過ぎません。新たな目標を設定する際に、自分に出来るかどうか不安な気持ちが湧き、それによる不安感が「またの機会にしよう。」という言い訳を作っているに過ぎません。

 

やらないことの正当化になってしまっているのです。図書館司書の資格を取得しようと決めたのならば、ひょっとしたら出来ないのではないか、という消極的な考えは捨て去ることをおすすめします。

 

本業にのみ特化するのではなく、仕事でも、遊びでも、勉強でもやりたいことにどんどんと手を出していきましょう。自分を抑えずに、興味を持ったこと全てに手を出していくことで、勢いが生まれてきます。

 

手を出した以上は、それを言い訳にはしない、という覚悟も生まれてきます。

 

「図書館司書の資格を取得しようかな。」という気持ちが湧いてきたのは、自分の中に資格を取りたいという願望が存在するからではないでしょうか。そのきっかけを逃すのは、非常にもったいないことです。

 

開始してしまえば、きっと必要な時間を必死で見つける意思にも繋がります。また、時間を効率的に使えるようになるチャンスにもなるかもしれません。仕事では少ない時間で成果を上げ、限られた時間の中で資格も取得することを目指しましょう。