図書館司書コラム

MENU

図書館司書コラム記事一覧

大学の図書館司書課程の中には実習もあります。実習を希望する際は、まず受け入れ施設を見つけなければいけません。どのような施設を選ぶかは、大学を選ぶのと同様に、自分の関心と照らしあわせて、慎重に行う必要があります。しかし、実習図書館の選択関しては、少々複雑な部分もあります。図書館司書の資格取得するための図書館実習の内容は、現在、特に指導要綱のようなものが設けられている訳ではなく、施設、そして担当司書に...

1980年代、日本においても、コンピュータやワープロのような情報処理機器や、ファックスなどの情報伝達手段が社会へ浸透し、社会の高度な情報化が進みました。さらに90年代に入り、パソコンの急速な普及とインターネットなどのデジタルネットワークの実用化と日常化が進展し、社会の情報化が広まりました。このような情報化の進行の中で、図書館の役割も少しづつ変化してきました。図書館は、本をはじめとする資料や貴重な昔...

当サイトでは、図書館とは何か、どんな施設なのか、どんな考え方を持って運営をしているのか、図書館を利用する住民にどのようなサービスを提供しているのかを解説しています。図書館は、長い歴史の中で人々の知的な創造活動と密接に関わってきました。そして近代社会となり、公共図書館が誕生しました。様々な地域において、読書を通し、人を育てることを念頭に置き、市民の生涯学習や、よりよい仕事、生活の創造をサポートしてき...

図書館概論とは、生涯学習概論とともに図書館司書を目指す人が最初に学ぶべき科目になります。図書館についての学問は、一般的に「図書館情報学」と呼ばれています。図書館情報学を学ぶ人にとっておすすめの勉強方法は、書店で販売されている「図書館概論」等を読みながら、疑問点や分からない言葉・事項などをチェックして、図書館学関係の辞書・辞典・百科事典などで調べる方法です。図書館学関係の辞書には、日本図書館情報学会...

図書館司書の資格を取得するための勉強を開始する際に、ためらう人がいます。「今の仕事を続けながら、大学に通うことはできるだろうか。」「もっと時間を確保して始める必要があるのではないか。」「中途半端で終わってしまったらどうしよう。」しかし、見方を変えれば、最初から自分には出来ない理由を見つけているだけに過ぎません。新たな目標を設定する際に、自分に出来るかどうか不安な気持ちが湧き、それによる不安感が「ま...

公務員の採用試験を実施するのは、国家公務員であれば人事院、地方公務員であれば各自治体になります。公務員試験には、受験資格が設けられています。試験や自治体によって受験資格は異なりますが、その中で最も重要なのが年齢制限になります。ほとんどの試験では、この年齢制限さえクリアできれば受験は可能です。受験するにあたり最も障害が少ないのは、24年度に新設された国家公務員一般職(社会人)試験です。以前は、「国家...

私は、今春、晴れて、第一志望の大学に入学したばかり。ワクワクしてシラバスを眺めていたら、専攻や必修とは別に、図書館司書や学芸員の資格を取れる授業があることがわかりました。13科目24単位を取得すれば、図書館司書になるチャンスもあるんだー!私は小さなころから、自他ともに認める“本の虫”。専攻とは別に、図書館司書の可能性があることを知って、小躍りしたくなるほどうれしかったです。早速、教務課に問い合わせ...

図書館というと、とかく堅苦しいイメージのある場所として認識されているかと思います。小さな頃、図書館で騒ぎすぎてよく怒られた経験がありますが、個人的にはそれがトラウマになって正直今でも図書館に立ち寄る時には緊張してしまいます。そんな図書館ですが、種類が大きく2つに分かれていて、学校の中に併設されている図書館と外にある図書館に分類されています。実は、この学校の内外の違いで大きく違う点があるんです。それ...