司書教諭になるには

MENU

司書教諭になるには?

司書教諭は図書館司書などとはまた異なった仕事となります。

 

主に学校に勤務することになる司書教諭になるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

司書教諭になるためには教員免許が必要?!

図書館司書は主に公立などの図書館に勤務し、図書の貸し出しや紹介、イベントなどを行います。

 

それに対し、司書教諭というのは、小学校・中学校・高校などの図書館や図書室にて、貸し出しや本の選定、読書の指導などを行います。

 

司書教諭になるための方法としては、学校図書館司書教諭講習を受講するという方法があります。

 

この学校図書館司書教諭講習を受講するためには、受験資格が設けられています。

 

・小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の教諭の免許状がある者
・大学に2年以上在学し、62単位以上を修得している者

 

このいずれかの条件を満たしていれば、学校図書館司書教諭講習を受講することが可能となります。

 

上記のように、教員免許状がなくては受講することが出来なくなっていますので、注意が必要です。

 

ただ、好き勝手に司書教諭になれるというわけではなく、学校側から司書教諭として指名されなくてはなりません。

 

学校図書館の運営を任されるわけですし、こども達が今後読んでいく本などを選定する仕事もありますので、とても責任の重い仕事となります。

 

ちなみに、12学級以上ある学校であれば、必ず司書教諭を置かなくてはならないとされています。

 

教員としてではなく、事務職として学校に採用された方が学校図書館にて勤務する場合には、司書教諭ではなく学校司書となります。

 

司書教諭はどんな仕事をするの?

司書教諭は、通常業務に加え、学校図書館においての運営を行う事になります。

 

学校図書館の資料を集めたり、提供したり、こども達への読書の指導、利用指導計画の立案などなど、様々な役割を担っていきます。

 

学校図書館はこども達が集まる場所であり、多くのこども達が本から知識を得ていることがあります。

 

この本を選定したり、読書の指導などを行うという事は、教員としてもとても大切な仕事となっています。