図書館司書になるには

MENU

図書館司書になるには?

「本が大好き」「図書館の雰囲気が好き」「落ちついたところで働きたい」という思いから、図書館で働く事が出来ないかと考えておられる方も多いでしょう。

 

その図書館で働く職種の一つとして、図書館司書というものがあります。では、この図書館司書になるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

図書館司書の資格は必要?

様々な資格の中に、図書館司書(司書)資格というものがあります。

 

図書館司書として働いていくためには、この司書資格が必須となるのかというと、実はそうではありません。司書資格が無くとも、図書館で働く事が可能となっているのです。

 

ただ、図書館によっては断固として、司書資格を所持していなくては採用はしないというところもありますし、実際にそのように司書資格を所持していることを条件としているところが多くなっています。

 

ですので、図書館司書として働きたい場合には、司書資格を取得しておくほうが就職にも有利となるということになります。

 

司書資格はどうやって取得するの?

図書館司書の資格を取得するためには、大きく分けて3つのルートがあります。

 

1.司書養成課程のある大学・短大にて指定の科目を履修し、必要な単位を修得して資格を取得する方法
2.大学・短大を卒業後に、司書講習を受講し資格を取得する方法
3.司書補として働き、図書館で3年以上の実務経験を積んだ後、司書講習を受講し資格を取得する方法

 

これら3つのルートが存在しているのです。

 

この中でも一番メジャーなルートが、1の養成課程にて取得する方法です。最終学歴が高校卒業の方の場合には、3の司書補として働いてから司書講習を受講する方法が、唯一の方法となっています。

 

司書補というのは、図書館司書と同じく図書館にて勤務する職種の一つです。

 

司書のように幅広い専門的な知識があるというわけでは無いのですが、業務内容としてはあまり大きな差はありません。この司書補として実務経験をつむことによって、司書となるために様々な知識を習得していくことが出来るというようなイメージです。

 

学歴に関係なく司書資格を目指すことが出来るという意味でも、このルートは貴重なものでもあります。