図書館司書 資格取得

MENU

図書館司書資格を取得するには?

図書館司書になるために、司書資格を取得した方がいいということについて、別の記事にてご紹介しました。

 

ここでは、図書館司書資格を取得するためにはどうすればいいのかという事について、ご説明していきます。

 

図書館司書資格を取得するには

図書館司書資格を取得するためには、どうすればいいのでしょうか。司書資格を取得するには、いくつかの方法があります。

 

自分が今どのような状態なのかによって、どの方法にて取得することが出来るのかが異なってきます。

 

大学・短大への進学を考えている場合

この場合は、司書養成課程のある大学・短大に進学し、指定の科目を履修して、単位を修得するという方法です。

 

卒業単位と併せて、司書養成課程の単位も修得することになりますので、普通に大学や短大に通うよりも忙しくなるということになります。

 

ですので、それなりの覚悟と努力を必要とされる方法です。

 

社会人・主婦(最終学歴が短大・大学)の場合

現在社会人という方や主婦の方で、最終学歴が短大もしくは大学の方の場合には、図書館司書講習というものを受講することで資格を取得する方法があります。

 

講習は2ヶ月程度となるのですが、この間は集中的に学習することになるために、仕事や家事との両立が難しいという一面もあります。

 

社会人・主婦(最終学歴が中学・高校)の場合

現在社会人という方や主婦の方で、最終学歴が中学もしくは高校という方の場合、図書館司書補として3年以上の実務経験を積み、その後司書講習を受講するという方法があります。

 

この方法では、まず司書補となるために司書補講習を受講し、その後図書館において司書補として3年以上の実務経験を積むことになります。そして、司書講習を受講し、資格を取得していきます。

 

実務経験を積むために一度図書館に就職する必要があるというのが難点でもありますが、この方法では司書となる前に業務を理解することが出来ますので、ある意味お得でもあります。