図書館司書 能力

MENU

図書館司書に求められる能力とは?

図書館で働く図書館司書には、どのような能力が求められるのでしょうか。

 

イメージとして、物静かで真面目に仕事をこなすことが求められるようにも思えますが、実際には他にも求められる能力があるのです。

 

ここでは、図書館司書に求められる能力についてご説明していきます。

 

真面目にコツコツと仕事が出来る能力

図書館司書の仕事内容自体は、あまり派手な内容ではありません。

 

古くなった本を修繕したり、返却された本を元の場所に戻したり、新しい本を発注したりします。

 

ですので、やはり細かい作業について地道にコツコツと、真面目にこなすことが出来る能力が求められます。

 

図書館の本は、多くの方が手に取るものです。それがもし、ボロボロになってしまっていたり、修繕されているとは思えないほどの手荒な修繕であった場合、利用する側は良い気分ではありません。
得意ではなくても良いので、真面目にコツコツと仕事をこなせる能力というのは、とても大切になります。

 

コミュニケーション能力

図書館を利用される方というのは、様々な方がおられます。年齢も性別も様々ですし、利用者の方の中には障がいをお持ちの方もおられます。

 

そのような方々の図書館の利用についてサポートしていくことになりますので、コミュニケーション能力が求められることになります。

 

利用者の方が探しておられる本について、関連する本をリストにまとめて手渡したり、直接探して手渡したりと、利用者の方と関わっていく事が必要になります。

 

コミュニケーション能力に長けている人であれば、利用者の方も何でも相談しやすくなりますし、また利用しようという気持ちになります。

 

利用回数が増えれば、その図書館は活気づき、イベントなどでも人が集まりやすくなります。

 

そのような意味でも、コミュニケーション能力というのはとても大切になってきます。

 

斬新なアイディアを出せる能力

今の時代は、図書館で調べごとをするというよりも、ネットなどを利用すればすぐに調べごとが終わるという時代です。

 

そんな中、どのような工夫があれば、図書館を利用する人が増えるのかという事について、アイディアなどを考案できる能力が求められます。

 

展示コーナーの工夫やイベントの工夫など、図書館司書として本を読むことの楽しさを広めていかなくてはなりません。

 

ですので、斬新なアイディアなどを出す能力というのも、これからは必要とされるのではないでしょうか。